おんじゅくオーシャンスイムレース【OWS1.5k】

おんじゅくオーシャンスイムレースレース

波が強くて気持ちがいい!御宿の海最高だったわ。

千葉県御宿で開催された「おんじゅくオーシャンスイムレース」に出場しました。
OWS1.5Kのレースにエントリー。参加料金は6000円で参加人数は約90名でした。

第13回 おんじゅくオーシャンスイムレース&ビーチチャレンジゲーム(千葉県 御宿町 中央海岸(網代湾))
おんじゅくで泳いで元気になろう !千葉・外房エリアで最も美しい広大なビーチを有する御宿。ここは関東有数のビーチスポーツのメッカです。この大自然の中で、思う存分オープンウォータースイムをエンジョイしてみませんか!☆リレーが参加しやすくなりました☆リレーの距離が500m×3と少し短くなりました。(以前は750m×3でした)...

入間から電車で約3.5時間wかなり遠かったけど行って良かった。何といっても御宿の海が最高だった。自然ってすごいね。本当に感動したわ。レース中ひさびさにテンパったし、いろいろ経験できて良かったー。

きゃっちの
きゃっちの

自然は本当にすごい

朝 会場まで

5時に起き、だらだら準備。荷物がほとんどないので楽ちん。水着、ゴーグル、着替え位。靴は止めてサンダルで行ってしまおうと。

きゃっちの
きゃっちの

都会でサンダルは少しあれだけど。

8時15分に出発。電車で3時間以上の長旅。交通費も往復で5000円位掛かったからな。後で思ったけど「青春18きっぷ」で行けば良かったな。

 

東京駅で乗り換え「上総一ノ宮」まで、この区間結構乗るのでご飯を購入。

雲が低くてキレイ

電車内から外の景色。雲が低くてキレイ。いい天気だったなー。

こち亀で御宿

タブレットで漫画(こち亀)を読んでいたら、これから行く御宿が出てきてびっくりした。

御宿駅

御宿駅到着。

レースの看板

レースの看板が駅にあった。

駅から10分位

歩いて10分位で会場到着。

会場到着 御宿の海

うひょー!海キレイ!砂浜もキレイ!テンション上がったなー。

 

会場入り 準備

受付

受付をして

ナンバリング

自分でナンバリング。

海のコンディション

海のコンディション。クラゲそんなにいないw

御宿の海最高 御宿の海最高

きゃっちの
きゃっちの

御宿最高!!ちょーいい感じだったなー

少しぷらっとして準備。

会場から少し離れた所にある、町営プールの更衣室やロッカーを利用することが出来て快適だった。

更衣室

シャワーもあってロッカー代の100円だけで利用できた。

着替えて海に入ってみる。

波が強い 波が強い
波が強くて初め怖かったけど2.3回波をくらうと楽しくなってくる。細かくて、キレイで、マジで感動した。ちょっと泳いでみると波がやっぱ強い。上手くかわさないと進まない。
一回もろに顔にくらってゴーグルとスイムキャップが脱げそうになった。溺れそうになるしパニックになる。レース中注意だな。

きゃっちの
きゃっちの

でも楽しいのよ。「うひょー」って気分で泳げた。

レース中 がんばれがんばれ

15分前に召集。軽く入水後、スタート地点で待機。

きゃっちの
きゃっちの

別に遅くてもいい、リタイアしてもいい、頑張れるだけ頑張ろう。おー!

御宿の海最高

レーススタート

足が着くので波をかわしながら歩きながら進む。大きい波だと50cm以上は体が持ってかれている。ゆっくり泳ぎ始める。陸から離れていくとだんだん波も弱くなってくる。2カ所のブイを回り2周回するコースでした。

今回もブイが見にくかったなー。つうか途中から全然見えてない事に気づく。「あれ?待って?レンズが曇っていて見えていない?」ちょっと待ってと、立ち泳ぎをして止まってから、落ち着いて確認してみる事に。久々のレース中の立ち泳ぎ。手足を動かしていないと沈んでしまう。焦りながら確認。

「うん。やっぱり見えていない。見えないよー」手でレンズを触ってしまったのか、ぼやけててはっきり見えなかった。焦ったわ。外側ゴシゴシやったけど駄目。このままここでゴーグルを外して、レンズを磨くのは無理だと思った。溺れてしまいそうで。一週目の最後で陸に戻るので、足が付くところで直そうと思いました

もうしょうがない。何となくで進むことに。他の方に付いて行ったりして泳ぐ事に。これがきつかった。不安だったし。

きゃっちの
きゃっちの

見えないって自分でちゃんと判断できないって事だからな。

周りに人が居ないと本当に怖かった。海が広く感じたな。レース人数も多くはないのでだいぶばらけていました。

ブイを目指すのではなく、後ろの地形や雲の形を目安に進むことを覚える。

これOWSの基本的な技術なんだけど、この時初めて理解できました。

きゃっちの
きゃっちの

まじで経験しないと分からないし、覚えないし、出来ない。

「雲がボコンボコンなってるあの間らへん」陸は「あのとんがっているビルらへん」とかやって泳ぎました。これ出来るようになって嬉しかったな。

 

 

一週目が終わり足が付くところでレンズの曇りを直す。でタイムも確認「23分。え?23分?なんで???」いつもよりかなり遅いタイムで何でと思いました。いい感じで泳げていると思っていたので。いつもなら、だいたい15分位のはずなのに、、、8分も遅い、、、距離にすると400m位。やっぱり遠回りを(めちゃくちゃ)してしまったのかーと思いました。

だって750mの間で、400m位を余分に泳ぐなんて、、、どんだけ間違えてんだよーって感じでした。ぐわー。くそー!って本当にショックだった。

 

きゃっちの
きゃっちの

これ、後でリザルトを見て分かるんだけど、みんな遅かったんだよなー。波にやられてて。

でも、この時は分かっていないので焦りました。スタート前あんなに遅くてもいいとか思っていたのにな

「しょうがない。すすめ。しょうがない。すすめ」って思うしかなかった。泣きそうになりながらw。「涙ってしょっぱいんだっけか?海の方がしょっぱいよなー」

ゴールまであと少し。戻ってくる時は、波に乗れるので早く戻れるって思うじゃん?逆に巻き込まれて戻させるからな。ゴールが見えてるのになかなか進まない。でもなんか笑顔になれる。自然にはかなわない。あせったり怒ったりしてもしょうがないってはっきり思えました。

でゴール。お疲れ!

レース後

ゴールの時34の番号を貰った。34って?「この番号順位ですか?」って聞くと「順位です。お疲れ様でしたー」との事。けっこう早くね?いっきに元気になった。みんなも遅かったんだー。波だなー。とか思った。コースをあまり外れてなかった事が嬉しかった。タイムは44分でした。ベストより15分位は遅い結果でしたが全然問題なし。強めの波の海を泳げたのがいい経験になったと思いました。

 

ゴール

着替えて一服してジュース飲んで一服。ぷらっと海を楽しむ。

波 波 海 海 海

きゃっちの
きゃっちの

まぁー最高!御宿最高よ!

サンダル おっつー ONJUKU

記録証の発行は後日との事だったので帰りましたー。

天下一品

池袋で”らー”を食べてゆっくり帰りました。
(”らー”マキザマジックさんリスペクトです。らーめんの事ね)

まとめ

もっと飛ばせたかもなーと思ったけどこの位がちょうどいい。海まじで危ないからな。今回いっぱい不安になったし怖かった。余裕を持って泳がないと危ないと思いました。二週目は落ち着いて泳げたと思います。タイムを少しあきらめてたのでw。

 

自然ってやっぱりすごいね。偉そうにするなよなー人間!とか思った。安全な所で生きていると分かんなくなっちゃうからな。

人間ていうか地球に生きる生物として共存しかありません。
お金とか法律とか社会とかさ、人間が作ったものじゃん。平和に協力して生きるための。ただの人間達のルールなんだよな。自然を前にすると「それって別にたいしたものじゃない」って感じました。あほっぽい事言ってると思うけど。これ本当に思ったからな。

クソみたいな人間が作ったルールで悩んだり、怒ったり、死んだりするのマジのまじであほらしい。海でかいよ。凄いよ。波ずっとあるよ。考えたりするだけ無駄。波が気持ちよかっただけでいい。それだけでいいのかもと。もう変な事で悩んだりするのばからしいって思えました。

きゃっちの
きゃっちの

これからも、もっといろんな海で泳ごう!

 

 

 

 

 

きゃっちのたつ

トライアスロン、マラソンに挑戦中のBBOY!

きゃっちのたつをフォローする
レース
スポンサーリンク
B系トライアスロン

コメント